トイレの言い方

「トイレ」の呼び方には日本では「お手洗い」や「便所」などありますが、昔は「厠」や「はばかり」などと言われていたこともありました。

日本でも「トイレ」を様々な言い方で表しており、それぞれにはきちんと意味が込められて用いられているでしょう。

ところで英語では「トイレ」を何と表現するでしょうか?

学校などで習うものとしては、"toilet" や "restroom" などがあるでしょう。

それに加えて、その他の言い方に "bathroom" があります。

でも"bathroom"って「お風呂場」って意味じゃないの?って思う人もいるのではないでしょうか?

"bathroom"を使う理由として、海外では浴室とトイレはセットになっていることが多いことからそのまま"bathroom"を「トイレ」として言うことが挙げられます。

日常会話の中で外出しているときにネイティブが " I will go to the bathroom."と言っても「トイレに行ってくるよ。」と言ってるだなと理解できますね。